2011年05月29日

種のまき方

芝生を種から育てるには」の続き。

道具が揃いましたら早速種まきの準備です。

まず 「土」 粘土質だと水はけが悪くなるので、床土を入れるなど改良を試みましょう。

砂質ならば大丈夫なので深さ15〜30cmの深さまで土を耕し、雑草や石などを取り除きましょう。
雑草は見た目が悪くなり、石は芝が伸びて機械で刈り取るときに刃が痛む原因になります。

次に、トンボなどで平にならして板(最悪足で)などを使って少し踏み固めます。

次、種が土の中に埋もれやすくする為レーキ(熊手)などで深さ0.5〜1cmぐらいの深さの溝を1cmぐらいの間隔で入れていきます。

いよいよ種まきです。なるだけ均等に蒔いていきます。蒔く量は種の袋等に書いてあると思いますが、大体1uあたり50gぐらいだと思います。(1坪が3.3uなので1kgで6坪分ぐらい)たぶん想像より多めに蒔く感じになると思います。

続いて肥料をまきます。これも分量は袋に書いてあると思いますが、やり過ぎないように。肥料焼けします。

次にはじめにレーキでいれた溝に直角になるように再びレーキで引っかき、まいた種に土が覆いかぶさるようにします。その上に目土を2〜5mmの厚さで均一にかぶせます。「ふるい」使うとうまく均一にまけるも!?できたらまた板などで踏み固めます。

最後に水撒き!しばらくは表面が乾かないように毎日水やりです。あと立ち入り禁止

あとは生えてくるのを待ちましょう。
ラベル:
posted by dora at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(芝的) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

芝生を種から育てるには

前回「わが家の庭」からの続きです。

芝生を種から育てよう!!と決めたわけですが、

いろいろと必要なものがあります。

まず水はけの良い土。(砂質がいいらしい)

種まいたあとに種を覆うための目土。



両方共これで大丈夫そうです。


土を耕すためのシャベル







土をならすためのトンボやレーキ









あと耕したあとの肥料





とりあえずこんなモノでいけるかと。

上に載せたのは私が買ったものですが、種類は他にも豊富にありました。

使いやすいものを選ぶといいかも。

もし選ぶのがめんどくさかったら↓みたいなセットもありました。






まだまだ続くよ。
ラベル:
posted by dora at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(芝的) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

わが家の庭

さて禁煙とは全く関係有りませんが、昨年末に買った、わが家(新築一戸建て)の庭(猫の額)がずっと放置状態だったので、そろそろ何とかしようと思いまして、とりあえず芝生をはることにしました。

しかし一言に芝生と言ってもいろいろ種類があってずいぶん迷って、調べた結果、一年中緑が保てて、手入れも簡単ということで↓のモノにしてみました。




他にも一般的にホームセンターなどで売っている苗を敷き詰めるやり方や、ネットを使うやり方もあったのですが、やるからには自分でやりたいということで種からにしてみました。ちなみにネットのは↓のやつホームセンタなどでは見かけないですが、地面の上に敷いておくだけなので簡単みたいです。ただ品種は選べないみたい。




このネットは1uに一枚いるので上のだと約3坪分ぐらいですかね。
上に紹介した種は6〜9坪分なので経済的にもお得かな〜っとか思いました。

続きは後日
ラベル:
posted by dora at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(芝的) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。